コーディング

ゲーミングマウスを使うとコーディングが速くなる

皆様はどのようなマウスを使用していますか?

一般的なマウスや、マウスを使っていない方は現在のコーディングスピードより確実に速くなる方法があります、それが「ゲーミングマウス」を使用することです。

「プログラマーはなるべくキーボードから手を離すな」というコツ(?)がありますが、手を離す時は絶対にあり、その離した時にどれだけ速くできるかも作業の速さに関わってきます。

横スクロールボタンは必須

ゲーミングマウスの多くにスクロールボタンを横に倒す横スクロールボタンが付いています。この左右のボタンにそれぞれ「左のタブに移動」「右のタブに移動」を設定するだけでブラウザとご使用のエディタのタブ移動が格段と快適になります。

「閉じる」は大事

「タブを閉じる」為だけに左手でキーボードを探し⌘+W(Ctrl+W)を押したり、マウスカーソルをxボタンまで移動するのは無駄が多すぎます。

これも頻繁に押せる箇所に登録しましょう

コメントアウト

コードを眺めている際に意外に多いコメントアウト作業、これも登録すると捗ります。

インデント

Shift+横スクロールボタンなどに登録しましょう。
左手はキーボードにあるはずなので、左手でShiftを押しながら横スクロールボタンですね。

Webコーダーオススメ

Chromeの「検証」これを登録するとマジ捗りすぎてビビります。

最後に

ゲーミングマウスなので、結構な値段します。ただそれ以上の恩恵を受けることができるので、一度使い出すともう離せなくなります。

現在使用してるマウスをオススメしたい気持ちでいっぱいなんですが、廃盤になってしまいオススメできません🤔

使用していないマウスを紹介するのはアレなんで自分なりのオススメスペックをご紹介。

オススメのゲーミングマウススペック

無線

USB有線の場合断線してしまう危険があるので、長く使うなら無線がオススメ。無線マウスを有線で繋いでおけばバッテリーが切れる心配も無いし、電池の自体電池を外すことで軽量化もできます。

ボタンの数

親指3つ、人差し指3つ担当できるぐらいがいいと思います。それ以上だと自分の頭では「あれ?このボタンなんだっけ?」「このボタン使ってない」など逆に時間がかかったりします。

重さ

自分はとにかく軽いのが好きです。最近は重さも変えれるマウスがあるので、要チェックやで!

 

では、良きコーダーライフを!

 

 

コーディング代行

高品質なソースコードをお約束

詳しくはこちら
背景イメージ
背景はFreepikによるデザイン

information

お問い合わせ