ゲーム

露出数で考える最高効率のブランチマイニング

マインクラフトを息子とやっているのですが、お父さんの夜の仕事はブランチマイニングです

そんなブランチマイニングの最高効率な掘り方をプログラマーなりに考え、試してみました。

露出数を考える

一回掘った時に見えるブロックの面数です。露出数=発見確率と思われますのでこれを大きくすることが最高効率マイニングと考えます。

例えば2マス掘られた状態で前方の上1つを掘ると5面が露出しますが、下ははじめから露出しているので4面が露出します

1つを掘ると5面が露出

続いてその下を掘ると4面が露出します。

4面が露出

「2掘り=8面」となります。前方2マスは掘り進めた最後に露出すると考え-2をして「2掘り=6面

6面 が露出

これが多いほどポイントが高いと考えたら最高効率が実現できるのではと思い試してみます。

条件

  • 高度はY=10
  • 松明設置時間も考慮する
  • 間の操作ミスも考慮する
  • ダイヤの出る確率は0.13%

高さ2マス,3マス掘りを考える

2マス掘りは前記したように「2掘り6面」の効率です。

3,000掘りすると9,000面+2面が露出します。

ダイヤ13個ぐらい見つかるはずです。

次に3マス掘りは2マス掘+1掘りですが、重なる場所があるので露出する数は8面になり

「3掘り8面」になります。

3,000掘りすると8,000面が露出します。2マスの高さより1,000面低い数字です。

ダイヤは10個ぐらいです。

掘れば掘るほど2マス掘りの方が効率が良くなる。。はずだったんです

勘違い

1度に3マス掘ると上記の結果になりますが、ブランチマイニングの最低条件は高さ2マスの坑道ですので、2マスの坑道は絶対に作る必要があります。それを3マスに拡張するんです。

例えば2マス掘りが完了した坑道があるとします、そこは湧き潰し済み、溶岩処理済みのとても品質のよい坑道です。

きれい!

そこの上1マスを掘り進めると実は「1掘り3面

1掘り3面!

1掘り3面というのは3,000掘り9,000面の2マス掘りと同じ効率です。(やばい!)

さらに松明設置いらず、同じ方向を見続けるので作業ミスが起こりにくいという特典付き (やばい!やばい!!)

さらにさらに下を掘り、高さを4マスしても効率は変わらず 「1掘り3面!!」 (やっっっっばーーーい!!)

操作ミスなしでポロポロ掘れます。

例えば、行きは2マス掘って、帰りに上か下を掘りながら帰るなども可能。もうブランチマイニングで迷うこともなくなります。

コーディング代行

高品質なソースコードをお約束

詳しくはこちら
背景イメージ
背景はFreepikによるデザイン

information

お問い合わせ