Coding

Google Tag managerで設定したAnalyticsで自分を除外する方法

GoogleAnalytics(以下GA)の場合はブラウザのアドオン(拡張機能)にGA無効をインストールすれば、自分を除外できましたが、「Google Tag Manager(以下GTM)ではどうなの」って話

いきなり結論ですが、有効です。

GTMのコードはiFrameでスクリプトを呼び出し、結局GAのスクリプトを吐き出しているっぽいので有効なんだと思います。

検証内容

Chrome

Google Analytics オプトアウト アドオン

リアルタイム観測で確認しました。

Firefox

NO Google Analytics

リアルタイム観測で確認しました。
(基本的にFirefoxにはGA無効アドオンを入れたことが無いので、こちらのアドオンがメジャーなのか分かりません。)

 

本来ならリアルタイムではなく、新規にURLを立ち上げて1日おいて観測するべきだと思いますが、たぶん大丈夫でしょう…たぶん

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

更新通知を受け取る »
avatar
wpDiscuz